コンサルタント関連の資格 - コンサルタントに有益な資格とは

コンサルタントに有益な資格とは

コンサルタント関連の資格

コンサルタント関連の資格はいくつか存在しているのですが、どの資格を取得すると就職に有利になるのかは、どの種類のコンサルタントになりたいのかによって変わってきます。
まずはどのような種類があるのかを知っておく必要があるでしょう。

1つ目は中小企業診断士ですが、経営コンサルティングに適した資格になります。
国家資格なので人気も高いと言えるでしょう。

2つ目はキャリアコンサルタントという資格ですが、この資格は2016年に国家資格とされています。
そのため、以前よりも資格を取得したいという人が増加しているのが現状です。
やはり国家資格というのは、民間資格に比べてとても重要な位置を占めていると言えるでしょう。

3つ目は社会保険労務士という資格で、社労士と訳して呼ばれていることも多くなっています。
社会保険や労働に関する法律のスペシャリストで、やはり国家資格になっています。
基本的に法律などに関連してくるコンサルタントの資格は、国家資格だと思って間違いありません。
では、国家資格がないとコンサルタントになれないのかというと、資格がなくても就職できる種類も存在していますが、やはり資格を持っていた方が圧倒的に有利です。

もちろんコンサルタントには民間資格も存在しています。
それは証券アナリストが当てはまるでしょう。
証券アナリストというのは、有効的な投資を会社が行えるように経済状況をしっかりと分析し、投資に関するアドバイスを企業に対して行うことです。
証券会社などに勤務したいと考えている人は、この証券アナリストの資格取得を目指すことで、より就職しやすくなると言えるでしょう。