コンサル関連の国家資格 - コンサルタントに有益な資格とは

コンサルタントに有益な資格とは
コンサルタントに有益な資格とは > コンサル関連の国家資格

コンサル関連の国家資格

コンサル関連の資格の中には、民間資格ではなく国家資格も存在しています。
それだけコンサル関連の資格というのは、重要な存在だということでしょう。
では、どのような国家資格があるのでしょうか。

第一には中小企業診断士がありますが、中小企業に就職した経験のある人で、役職に就いたことがあれば、この資格の名前を聞いたことがあると思います。
経営コンサルタント関連の資格で、企業経営全般に関するアドバイスをするのが主な仕事になります。
企業に対して助言をするための資格が中小企業診断士であれば、個人に対して助言をするための資格がキャリアコンサルタントになります。
この資格も国家資格になり、主に就職や転職の活動を行っている人向けにアドバイスをする仕事です。

コンサルタント専門と言ってもよい資格がこの2点になるのですが、他にもコンサルタント向けの資格はあります。
しかし、コンサルタントいうよりも、法律に関する専門的な仕事になるのが一般的でしょう。
それは社労士や税理士、公認会計士などが当てはまります。
広範囲では弁護士や司法書士、行政書士などもコンサルタントの一部と言っても過言ではありません。

その中でもコンサルタントとして会社に就職し、役に立つ国家資格が最初に紹介した中小企業診断士とキャリアコンサルタントの資格です。
労働衛生コンサルタントや、ファイナンシャルプランナーという国家資格も存在しており、やはり企業に就職することで役に立てられる資格になります。
それに対して弁護士や司法書士、税理士や行政書士などは、開業して仕事を行う人向けだと言えるでしょう。
まずはどのような資格であるのかを知ることが大切です。