コンサルタント資格取得の難易度 - コンサルタントに有益な資格とは

コンサルタントに有益な資格とは
コンサルタントに有益な資格とは > コンサルタント資格取得の難易度

コンサルタント資格取得の難易度

たくさんあるコンサルタント関連の資格ですが、種類によって取得できる難易度も異なってきます。
特に民間資格と国家資格では、相当難易度の差が大きいと言えるでしょう。

まずはあまり経験がない人でも取得しやすい資格を見ていきたいと思いますが、それはファイナンシャルプランナーと呼ばれている資格です。
ファイナンシャルプランナーというのは、簡単に言えば個人が保有している資産をどのように運用していくのかをアドバイスするための資格だと言えるでしょう。
3級から1級まで存在しているのも特徴で、3級は誰でも受験をすることが可能です。
最初は3級を取得して、それから上の級の資格を取得するようになります。

年金アドバイザーという資格も、コンサルタント関連の資格の中では、取得できる難易度が低い方に分類されています。
年金アドバイザーにも4級から2級まで存在しているタイプの資格です。

この2つはコンサルタント関連の中でも比較的取得しやすい種類なのですが、少し難易度を上げると、証券アナリストやキャリアコンサルタントがあります。
証券アナリストは民間の資格になりますが、キャリアコンサルタントは国家資格になるので、おすすめできる資格だと言えるでしょう。
国家資格は難易度が高くなっているので、最初に取得するならキャリアコンサルタントがおすすめできます。

他の資格はかなり専門的になってくるので、大学でしっかりと勉強をしておかないと、取得するのが難しいレベルです。
中でも公認会計士はトップクラスの難易度を誇っていると言えるでしょう。
資格の種類だけではなく、難易度を知っておくことも、資格を取得する上で重要なことなのです。