独立開業に役立つ資格 - コンサルタントに有益な資格とは

コンサルタントに有益な資格とは
コンサルタントに有益な資格とは > 独立開業に役立つ資格

独立開業に役立つ資格

コンサルタント関連の資格の中には、独立開業する場合に役立つ種類も存在しています。
その中でも特に独立開業向けの資格がいくつかあるのですが、それは弁護士や司法書士、税理士や行政書士などです。
これらの資格は就職するために重要となる資格ではなく、独立開業するための資格だと言えるでしょう。
なぜなら国家資格でもあり、資格を持っていないと名乗ることができないからです。

また、企業に就職するのに役立つ資格ではありません。
企業から相談を受けるための資格であるため、就職して社員として働くのではなく、契約をして相談を受けることが多いと言えるでしょう。
ただし、日本人がこれらの専門的な資格を取得するのは難しいので、通常は大学に進学し、専門分野をしっかりと勉強してから試験を受けるようになります。
資格を取得したからと言って、必ずしも独立開業できるわけではないので、まずは事務所などに就職をして、経験を積むという方法がよく行われています。

では、就職するのに向いている中小企業診断士やキャリアコンサルタントの資格では、独立開業できないのかというと、決してそのようなことはありません。
現在では独立開業しやすくなっていますし、専門的な資格を持っているということはかなり有利になるのですが、生活が何不自由なくできるぐらいの仕事が取れるかというと、少々難しいと言えるでしょう。

やはり弁護士や税理士といった専門的な資格の方が、独立開業した後でも十分な収入を得やすくなっているのが現実です。
特に大手企業と専属契約を結ぶことができれば、かなり安定した生活ができるようになります。